読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勝率五割でランカーを維持するブログ

ヘタレcojエージェントの日常雑記

ネビトリロスとスルトリロス②

更新遅くなりました。
新カードの情報が出てきましたね!
現段階ではちょっと評価しにくいので、全公開された時にでも何か書けたらいいかなと思ってます。
とりあえず新カードは青のトリロスカードがものすごく気になっています。
エレメントだったら泣ける( ノД`)

さて、今回はスルトのほうを!



f:id:mosyaecoj:20151107080346j:image




・スルトのメリット、デメリット
今やトリロス系統のファーストチョイスの火炎将軍スルト。

メリットはまずネビロスと比べて基本BPが3000高い6000だと言うこと。
ネビロスと違い盤面のユニット数に干渉することなくBPが高いのでネビロスのようにシヴァだけで壊滅、ということはなくなりました。
あ、あと煉獄炎でしなない!

そしてアタック時に全体バーン、消滅効果耐性持ちなのでネビロスに比べると守りにも強くなっています。全体バーンもそこからベルゼを絡めたりしたら更地に出来ることも多々あり。
あとはトリロス効果が場に出た時に発動するので策略の装填、封殺の死壊石などに対しても効果があること。
これはレベコンや盗賊の手が大いに流行った環境では大活躍でした。

デメリットとしてはスピムではないこと、強いて言えば種族が巨人だということですかね。
装填であまりひっかかりにくい種族なのでいざというときに引いてこれないとか微妙にあります。
スピムに関しては「ネビロスなら勝ってた」みたいな局面もなんだかんだあったりします!
まあ「おおきくなるよ!」が実装されたし、インペリアルソードもあるのでそこまで苦にならないかもですが、お互いカツカツな状況の時にスピム…!スピム…!って祈っても素出しではこいつは殴れません。

どっちかというと便利さではスルトが勝っている印象がありますが、ネビロスももちろん優秀だと思います。
対面に加護盗賊や侍など速度が比較的遅いデッキが多いならスルト、スピム寄りならネビロスを使うなど、環境に合わせて使っていくといいかなとは思います…!

結論
基本スルトのが安定している、ただ環境、デッキ構築によってはネビロスのほうがいいかも…?

以上になります!!
次回更新出来れば今赤単、またはトリロスでは流行りつつあるフレイミー入りのデッキに着目していこうと思います!