読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勝率五割でランカーを維持するブログ

ヘタレcojエージェントの日常雑記

新・侍ダイヤグラム

盛れません。燃えもしないですが、盛れません。
さてそんな感じの僕のB侍なんですが、予想以上には現環境は戦えました。
とりあえず現環境の主なデッキとのダイヤグラムを書いていこうと思います。

・赤黄ミッドレンジ(ジャンプーサラマン型)

先攻4:6 後攻3:7
かなりキッツいです。こっちが先攻とってもヒイヒイ言ってるのに、後攻なんてとったら大体負け確です。
理由はやはり三日天下の弱体化によってマーヤベルゼでアヤメ、ナギが死ぬところ。
アヤメなんてほぼ初手確定なので、こいつが死ぬと約束されているのは辛い。
マーヤがいるのでブロナやハッパを挟んでごまかすことも出来ず、三日天下2枚引きをしないことにはアヤメ、死にます。
そこからひたすら場の有利をとられて気づいたら0点。
もし三日天下2枚引きをしてもそこを凌げるだけの話で、あとに来る毘沙門もなんとかしないといけないし、ジャンプーもいるので侍側は常に余裕のない状態になります。
ついでにサラマンダーも越えられねえよ!

とりあえず当たりたくないです。
常に最善手を打つことは出来ないのと、赤黄自体が思ったよりも当たらないのが救いです。


・珍獣

(4色珍獣)先攻5:5 後攻4:6
先ずいわゆる鎮静剤珍獣とかいうやつ。
武蔵や烈火、アヤメの存在で微不利?くらいには戦えると思っています。
どっちかと言うと負け越してる印象がありますがw
課題はKPを出されそうな時に武蔵を場に出せるか、バクダルチェインを打たれる時に場のユニットのBPが耐えられるか。
あとはあまり決まらないのが前提ですが、拒絶を決められるか。
ここがしっかり噛み合ったら、勝てると思われます!

(アレス珍獣)先攻3:7 後攻2:8
ちょっと言い過ぎかな?でもこれくらいマジで勝てません。
ダメージに耐えるユニットを作っても、ポンポン出せないのでアレスに当たる確率が非常に高い。
だからって作らなかったらベルゼやチェインの餌食になるので本当に無理ゲーだと思っています。
唯一嬉しいのはアレス珍獣よりも鎮静剤珍獣のほうが採用率が高く、全然対面に来ない点。
流行るなよ!絶対流行るなよ!
まあ、ユグドラシルとかキツいんだろうし今の侍のメタなんて使わんよね…(笑)
あ、侍でアレス珍獣に有利つけたい!って方はもれなくミューズとユグドラシル積みましょう。
特にユグドラシルはアレスか人身御供しか対応策がないはずなんで。


・黄単
先攻4:6 後攻3:7
ベルゼマーヤがないですが勝率見る限り同じ位苦戦強いられてます。
行動権消費と毘沙門とバウンス、そして突然の勇猛なる決起。
勇猛なる決起は本当に読みにくいです、トリガーなのでインセプみたいにチャンプブロックで確認できないのも辛いところ。
どうしても黄単に勝ちたい方は、烈火の侍に三日天下して破壊耐性つけましょう。
多分黄単は一生抜けません。

とりあえずトップにあるデッキはこれくらいですかね~
他にも何故かワンショット系統も多いですが、頑張って創生が来る前にサツキ出しましょう。それで大方サレンダーしてくれます。
次回に続く!